外壁塗装のいろは

外壁塗装とは

外壁塗装の伝統ある「刷毛塗装」について

埼玉で行われる外壁塗装の工法の相違点とメリット

ローラー工法の主な特徴とメリット

埼玉において外壁塗装に取り組む場合、様々な工法がありますが個々の違いを理解しておくことが大切です。
個々の特徴をおさえてぴったりの工法を選択するとよいでしょう。
ローラー工法は、ローラーを活用して外壁塗装をする手法になります。
埼玉の外壁塗装業者の中にあってもローラーを活用しているところが少なくありませんが、その業者の腕前をあらかじめ確認しておくことが重要になります。
ローラーを活用することにより、外壁塗装を差が無く行うことができるところはメリットです。
下塗りのみならず中塗りや上塗りもそれぞれ実行できることがポイントになります。

刷毛塗装の工法の特徴とメリット

刷毛塗装工法は、築いてきた歴史が古く多くの業者も利用しています。
ローラーに比べて出来上がりは職人により異なることから、埼玉の外壁塗装業者の中にあっても刷毛塗りを専門的に実践している業者を決定することが大切だと言えます。
原則として動物の毛を利用する傾向にありますが、乾燥の迅速な塗料の場合ナイロン製の刷毛を利用する傾向が高くなります。
刷毛塗りによるメリットは、会社によって細部は異なることになりますが、コストがそれほど要らないことでしょう。
原則として人の手で実施しますので、電気料金などはかかりません。
更に、特徴のある道具を活用するのではなく旧態依然とした刷毛を有効に活用するため技術料は必要ですがほかのお金はそれほど要らないと考慮して間違いないでしょう。


ここに来てスタンダードな塗り方として行き渡っているのが、吹き付け工法です。
このやり方を行う場合、旧態依然とした進め方ではなくスプレー専用の器具を有効に活用するため、器具を保有している業者に依頼することが不可欠です。
スプレーを吹き付ける形で外壁塗装するメリットは、スプレーによりまして凹凸な状況を演出することが出来ますから模様という形で惹きつけられる外観になりやすいです。
ひとつの例として外壁においてクラックが生じた場合スプレーを活用することによってクラックをわかりづらくすることができます。
その結果、全体を通して塗装するケースでなく一部分を改修する場合でもメリットがあるといえます。

昔ながらの外壁塗装方法のコテ工法のメリット

古い外壁塗装の方法の一つにコテ工法が存在しますが、このやり方は左官屋などが実践している方法と同じ様にコテを使用します。
メリットは、ハンドオペレーションですので細部まで対応できることです。
一つの例として、外壁においてクロックが現れた場合にもコテを活用することによって埋めることができることから、時間がたってから目立ち辛くなります。
それに加えて、意匠性の非常に高いぬり方ができるので、多種多様なデザイン性を作ることができます。

人気記事ランキング